花は散っても溶けはせぬ〜日本刀アイス《さくら》は和菓子処関市虎屋さんで好評販売中

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

日本刀アイスの生みの親といえば、関市を代表する老舗和菓子処、関市虎屋さんです。2019年春、さくらが咲くのと同時に、日本刀アイスにも新味が発売されました。

一言で言えば、これぞ日本のスイーツ。控えめだけどしっかりと個性のある桜の花の香り。儚げで上品な一献染を思わせる薄ピンクの刀身。一口食べてみると、そのやさしい甘さに心をときめかされます。ほのかで、儚げで、しかしつよい印象を与える「さくら」の美しさを、しっかり表現した冷たぃて上品な和菓子、日本刀アイス《さくら》は一振り千円(税込)です。和菓子処・虎屋さんだけで味わえる、究極のお花見です。あなたも一振りいかが?

和菓子処 関市虎屋|店舗案内はこちら

その他の記事

カミソリアイス

地元関市の企業と、関市発の世界企業が面白コラボ!「カミソリアイス」(・Д・)y を日本刀アイスが手がけました!

関市は日本刀だけじゃありません。 あの世界的刃物メーカー・貝印株式会社さんとのコラボ商品「カミソリアイス」の製作を、わたしたち日本刀アイスをつくる会が仰せつかりました。 はい? カミソリアイス!? なんじゃそれ? そう、

年末年始も、どうぞご贔屓にほんとうアイスm(._.)m

あと一日で今年も終わり。 今年は、日本刀アイスにとって、 思いもよらない一年になりました。 地元の眼鏡屋「ami」スタッフさんによるつぶやきが、一晩で3万RT。そこからあれよあれよという間に取材を受け、たくさんの記事にし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です